効果的な鳩の撃退方法とは【被害を受けないように対処する】

駆除は簡単ではない

白鼻芯

業者はどこにすべきか

ハクビシンはちょうどネコやタヌキくらいの大きさの胴体に、約40cmの尾が付いたイメージの動物です。頭から尻尾までの長さは、90cm〜110cmと言われ、イタチやアライグマに比べると大きめの害獣とされています。また、ジャンプ力に優れ、木登りが得意なハクビシンは、屋根部分から侵入し、素早い動きを見せることもしばしばです。このような特徴を持つハクビシンは、自力で駆除することは簡単なことではありません。体長が意外に大きく凶暴な性格を持っていますから、ハクビシン駆除はプロの業者に任せるのが基本です。では、どのような業者に任せるべきかという点ですが、都道府県の許可を得ており、事前調査や見積もりを無料で行うところをベースにしましょう。また、ハクビシン駆除の実績があるかどうかも重要なポイントとなります。

追い出し侵入させない

ハクビシン駆除業者を利用する目的は、確実にハクビシンを追い出し、二度と侵入させないことにあると言えます。まず、確実に追い出すためには、燻煙剤をたく、または、忌避剤を散布する方法が用いられますが、繁殖している場合は、ハクビシンもしぶとく居座ることもあります。この場合、作業員が直接捕獲したり、追い払うことになります。このように駆除業者を活用すると、ハクビシンの全部の個体を確実に居住空間から追い出すことができます。そして、ハクビシン駆除の手順として、追い出し作業が完了すると、侵入口を封鎖する作業が行われます。ハクビシンは狭い隙間からも屋根裏などに侵入することができ、わずか数cmの穴でも油断することはできません。優れた駆除業者はハクビシンの習性を熟知していますから、しらみつぶしに侵入口を封鎖してくれることでしょう。