効果的な鳩の撃退方法とは【被害を受けないように対処する】

業者に依頼も安全対策です

ハチ

蜂の巣を発見すると、まず刺される危険性を考える事になります。発見された場所が自分の居住地内などの場合には、毎日の生活にも支障が出る可能性もあります。蜂の巣の駆除作業が必要になりますが、方法としては、自分で行う場合と専門業者に作業を依頼するやり方から選択します。蜂の巣の駆除作業には、危険を伴う事を想定しなければなりません。特に蜂の種類によっては、攻撃性が高く、集団で襲ってくる危険性もあります。小さな蜂の巣で、攻撃性が低いものであれば、安全を確保しながらの駆除作業も行えます。危険性が高い大きな蜂の巣の駆除作業は、専門業者に任せた方が安全性も守られます。専門業者を自分で選択し、現地調査などが必要な場合には下見に来てもらうなどを行う事になります。その後は、日程を組んで蜂の巣の駆除作業を実際に開始します。唯、専門業者によっては電話依頼で現場に直行し、その場で駆除作業に取り掛かる場合もあり、内容の確認をしておく事も必要です。

蜂の巣の駆除作業を自分で実施する場合には、安全を自分で確保する必要があります。蜂が攻撃してくる危険性を考えながらの作業をしていく事になります。蜂は、黒いものに攻撃してくるなどの習性をもちます。肌の露出を控え、白い服装で作業を行う様にします。頭からつま先に至るまでのプロテクトが必要です。蜂の巣の駆除作業には、まずスプレー噴霧などを行い、蜂を死滅させる必要もあります。蜂の動きが静まったところで、蜂の巣の撤去作業も実施します。蜂は、夕方からは帰巣して、多少動きが静かになる習性があります。一日の中でも、夕方過ぎに駆除作業を行うなどもポイントになります。また、特に危険性や攻撃性の高いスズメバチなどの場合には、蜂の巣の駆除作業は専門業者に依頼する事も鉄則の一つです。