効果的な鳩の撃退方法とは【被害を受けないように対処する】

人に被害を与えないために

鳩は人間に病気をもたらす菌を持っており、近づけないようにすることが大切です。鳥類は法律で保護されているので、鳥よけネットやテグスを張るなど、あくまで鳩を寄せ付けないための対策を行うことが大切です。なお、対策アイテムはホームセンターで手軽に購入可能です。

鳥よけの効果的な方法とは

住宅

野鳥を避ける理由

その多くは野鳥ですが、まれにレース用やイベント用として身近な場所にいるのが鳩です。平和の象徴としてもおなじみの動物ですが、その穏やかなイメージとは裏腹に生活にさまざまな影響をもたらすことがあります。鳩の被害でもっとも良くあるのはフン害です。ベランダや屋上など、場所をかまわずまき散らすので厄介なものとなるでしょう。さらに室外機などに巣をつくられてしまうと、機械が壊れてしまう可能性があります。他にもクリプトコッカスや鳥インフルエンザのような、病気の感染源としても鳩は有名です。そんな被害の深刻さを受けて、最近は撃退用のグッズが多数市販されるようになりました。いずれもホームセンターや通販で手軽に購入可能なので、自分で対策したい時にはそれを活用して鳩を撃退しましょう。

安価な対策グッズが効果的

鳩を撃退するには、高額な駆除剤を使うしかないと考えている方もいるでしょう。あるいは、駆除業者に依頼して解決するのが一番と考えている場合もあるはずです。でも実は金額に関係なく鳩の撃退はできます。高額な費用を使った駆除は、それが効かなかった時の最終手段としてとっておくべきでしょう。例えばベランダに住み着いてしまった物に関しては、巣の撤去やネットの対策で十分撃退可能です。またネットを張るまでもなく、鳩の天敵となる動物のおもちゃを置くだけでも警戒して十分近寄らなくなります。このおもちゃは手作りもできますし、百円ショップで蛇や大型の害虫のダミーを買ってきてもかまいません。とにかく落ち着いて居られないような環境を作れば、自然に鳩は遠ざかっていきます。安価なグッズや手作りの物を使った対策は、お金がかからないということで利用者にも好評です。鳩対策はすべて自腹になってしまうので、安く解決できるのがなによりといえるでしょう。

業者に依頼も安全対策です

蜂の巣の駆除作業は、自分で安全性を確保しながら行うか、専門業者に依頼するかの2つの方法から選択できます。蜂の種類によっては、蜂の巣の駆除作業は専門業者に依頼する事が、何より危険回避に繋がるといえます。

駆除は簡単ではない

ハクビシンは、イタチやアライグマに比べると体長が大きく、また、ジャンプ力や俊敏性にも優れています。捕獲には困難が伴うため、安心して任せられる駆除業者に依頼したいところです。ハクビシン駆除のポイントは、居住空間から追い出し、以後侵入させないことにあります。プロの任せることで、確実な駆除が期待できます。